住まいの知識:リフォームローンの活用

住まいとして賃貸を選ぶ方もいらっしゃるでしょう。

賃貸の住まいを選ぶとき

住まいの知識:リフォームローンの活用 住まいとして賃貸を選ぶ方もいらっしゃるでしょう。持ち家を購入するときはまとまったお金が必要になりますが、賃貸だったら比較的少額のお金で自分の好みの部屋や家に入居できます。賃貸の住まいを選ぶときは、どんなことに注意した方が良いのでしょうか。まず大切なことは家賃と言えるでしょう。高すぎる家賃だったら、生活が苦しくなります。一般に家賃は一ヶ月の給料の三分の一程度が好ましいと言われています。ただしこれは一般的なことで、三分の一より低い方が良いのかもしれません。低い方が生活に余裕ができるからです。

次に大切なことは通勤時間です。職場から遠すぎるところに家や部屋を借りたら、通勤で疲れてしまって、仕事がおろそかになってしまう可能性があります。一般に通勤時間は1時間以内が好ましいと言われています。できることなら30分以内が理想です。通勤時間は短ければ短いほど良いのです。住まいの安全も重要なポイントです。大家さんと契約を交わす前に借りたい部屋や家を何回も下見してみましょう。可能だったら昼間と夜間の二回行った方が、その建物のまわりの環境をしっかりと把握できます。それから建物の造り方にも注目しましょう。木造よりは鉄骨や鉄筋の方が地震や火事に強いです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017住まいの知識:リフォームローンの活用.All rights reserved.