住まいの知識:リフォームローンの活用

住まいは、三回建てないと満足出来る物を手に入れられないと言われています。

住まいへの拘りを持ちましょう

住まいの知識:リフォームローンの活用 住まいは、三回建てないと満足出来る物を手に入れられないと言われています。この言葉通りに、住まいを三回建てる事が出来れば、誰もが満足出来る住まいに住む事が出来るのでしょうが、現実的には、人生の中で住まいを三回建てる事が出来るのは、ほんの僅かな富裕層のみで、一般的な人々では多くても2回、殆どの人々が一回のみでしょう。この様な状況にあるのですから、住まいを建てる際には、とことんまで拘りを持って、満足出来る住まいを建てる様にしましょう。

住まいを建てた後に、満足出来ないと感じる一番の原因は、間取りです。住まいを設計している段階で、何回も図面を見ている筈なのに、なぜ建てた後で間取りに満足出来ないのかと言いますと、建築の専門家でない人々は、図面を見ただけでは、住まいが完成した際の居住空間を正確にイメージする事が出来ないからです。一部のハウスメーカー等では、図面を3Dに変換して、間取りを立体的に見る事が出来るサービスを行っていますが、多くの場合は図面だけで完成した姿を予想しなければなりません。建築の専門家では無い人々は、実際に完成した際の広さより、広くイメージしてしまう事が多い様です。部屋の広さも、廊下や階段の広さも、実際より広いと思い込んでしまい、完成した時点でイメージと異なる事に気付き、満足出来ないという事になってしまいます。

この様な失敗を防ぐためには、設計の段階で、設計を担当する建築士としっかりコミュニケーションを取り、些細な内容であっても疑問が有った場合には、確認する様にしましょう。又、広さを確認する場合には、数値を聞くだけではなく、実際の広さを示して貰う様にしましょう。

Copyright (C)2017住まいの知識:リフォームローンの活用.All rights reserved.